瞼に対する施術は非常にデリケートで感染症のリスクがあることを理解する

様々な方法がある

カウンセリング

準備や具体的な施術内容を知ろう

美容整形は費用がかかりますが、二重瞼にする場合には費用がかからないパターンもあります。費用がかからない美容整形の一つとして、プチ整形と呼ばれる駆け下りがあることを知っている人は多いでしょう。プチ整形とは、従来のようにメスを使わずに簡単に結果を出すことをいいます。例えば5分から10分程度で施術が終わってしまい、料金も ワンルームマンションの賃料ぐらいしかかかりません。これは若い人向けの手術といわれていますが、最近は年配者でもこのようなプチ整形を利用する人が増えてきています。二重瞼で言えば、埋没法と呼ばれるやり方がこれに該当します。このやり方は、医療用としてつくられているかなり細い糸を利用して上の瞼の部分をつり上げることです。目をひらいた時に二重になる仕組みといってよいです。この方法は、すべての人に妥当するわけではないため、事前に医療機関に確認を取っておいた方がよいです。例えば太っている人などは、糸が上手にひっかからないためこの方法だと失敗する恐れがあります。あるいははっきりとした形にすることが難しいなどの問題点もあるため、切開法とよばれる方法がよいかもしれません。切開法お金がかかりますが、効果が永久的に持続する点は魅力的です。

二重に美容整形する場合の準備としては、費用の準備をしておきたいところです。費用準備としては、手術をするときに必要なお金さえ用意できれば特に問題はありません。例えば二重に美容整形する場合でも埋没させる方法ならば、8万円ぐらいのお金があれば行うことができます。ただ問題になるのは、効果は半年から1年程度しか持続しないことです。埋没させる方法は、医療用の糸で上の瞼をつり上げているだけです。そのため、この糸が緩んだ時に二重の形がおかしくなってしまいます。この状態を放置しておくと、元に戻ってしまう傾向があるでしょう。そうなる前に、再び美容整形を行い、元通りのきれいな瞼に仕上げることが必要です。そうするとおよそ1年おきに8万円がかかる計算になります。半年しか効果が持続しない場合には、1年間で16万円ぐらいはかかるものと考えておきましょう。切開法の場合には、両目で30万円ぐらいのお金を用意しておきたいところです。この点美容整形外科によって費用が異なるため実際にどれぐらいかかるかはカウンセリングを受けて確かめるしかありません。保険が適用されないことがほとんどになりますので、負担が大きくなるのが特徴になります。大量のお金を持ち歩くのが難しい場合には、カード払いなどを利用してみましょう。

Copyright© 2020 瞼に対する施術は非常にデリケートで感染症のリスクがあることを理解する All Rights Reserved.